排ガス測定結果

斎場排ガス測定結果について

「火葬場から排出されるダイオキシン類削減対策指針」(平成12年3月)に基づき、排ガス中のダイオキシン類などを測定しておりますので、その結果を公表します。

名古屋市立第二斎場 排ガス測定結果

平成30年度

測定項目 公害防止保証値 2月15日
30号炉
2月16日
29号炉
2月17日
19号炉
2月19日
18号炉
2月20日
14号炉
2月21日
13号炉
2月22日
5号炉
2月23日
6号炉
※窒素酸化物
(volppm)
50以下
(最大値)
3.8 2.3 2.6 4.0 2.7 2.3 3.1 2.4
※硫黄酸化物
(volppm)
10以下
(最大値)
4.1 2.0未満 2.4未満 2.8 1.9 2.2 1.9未満 2.1未満
※塩化水素
(volppm)
10以下
(最大値)
3.7 4.9 4.3 2.1 1.3未満 3.4 3.1 1.4未満
ばいじん
(g/N㎥)
0.01以下
(平均値)
0.004
未満
0.003
未満
0.004
未満
0.004
未満
0.004
未満
0.003
未満
0.004
未満
0.004
未満
ダイオキシン類
(ng-TEQ/N㎥)
0.1以下
(平均値)
0.00097 0.0000043 0.0000033 0.0000028 0.055 0.0000025 0.000044 0.000043
計量の対象 計量の方法
注1)名古屋市立第二斎場では周辺環境へのより一層の配慮のため、
独自の排ガス規制基準として「公害防止保証値」を定めています。
注2)※印の項目の結果は最大値を、その他の項目の結果は平均値を示しています。
表中の最大値及び平均値の定義は、以下のとおりです。
・最大値:火葬開始から5分毎の平均値のうち最大の数値
・平均値:火葬開始から終了までの平均値
注3)各項目の結果は、換算値(標準酸素濃度:On=12%)を掲載しています。
実測値が定量下限未満であった場合の換算値は、定量下限の値を用いて計算しました。
注4)体積の単位は、標準状態(0℃,101.32kPa)を表しています。
窒素酸化物 JIS K 0104(2011)-8
連続分析法-化学発光方式
硫黄酸化物 JIS K 0103(2011)-8
連続分析法-赤外線吸収方式
塩化水素 JIS K 0107(2012)-7.1
イオンクロマトグラフ法
ばいじん JIS Z 8808(2013)-10
円形ろ紙法
ダイオキシン類 JIS K 0311(2008)

平成29年度

測定項目 公害防止保証値 1月15日
3号炉
1月16日
2号炉
1月17日
1号炉
1月18日
13号炉
1月20日
14号炉
1月21日
15号炉
1月22日
29号炉
1月23日
30号炉
※窒素酸化物
(volppm)
50以下
(最大値)
3.2 3.5 4.3 3.3 3.4 3.7 3.0 4.3
※硫黄酸化物
(volppm)
10以下
(最大値)
2.6 3.0 2.7 1.5未満 1.8未満 2.0未満 1.5未満 1.8未満
※塩化水素
(volppm)
10以下
(最大値)
2.7 2.2 1.4未満 1.2未満 1.4未満 6.8 2.5 1.3
ばいじん
(g/N㎥)
0.01以下
(平均値)
0.004
未満
0.004
未満
0.004
未満
0.003
未満
0.004
未満
0.004
未満
0.003
未満
0.004
未満
ダイオキシン類
(ng-TEQ/N㎥)
0.1以下
(平均値)
0.000023 0.00014 0.000023 0.000018 0.0000079 0.0000036 0.00020 0.0000076
計量の対象 計量の方法
注1)名古屋市立第二斎場では周辺環境へのより一層の配慮のため、
独自の排ガス規制基準として「公害防止保証値」を定めています。
注2)※印の項目の結果は最大値を、その他の項目の結果は平均値を示しています。
表中の最大値及び平均値の定義は、以下のとおりです。
・最大値:火葬開始から5分毎の平均値のうち最大の数値
・平均値:火葬開始から終了までの平均値
注3)各項目の結果は、換算値(標準酸素濃度:On=12%)を掲載しています。
実測値が定量下限未満であった場合の換算値は、定量下限の値を用いて計算しました。
注4)体積の単位は、標準状態(0℃,101.32kPa)を表しています。
窒素酸化物 JIS K 0104(2011)-8
連続分析法-化学発光方式
硫黄酸化物 JIS K 0103(2011)-8
連続分析法-赤外線吸収方式
塩化水素 JIS K 0107(2012)-7.1
イオンクロマトグラフ法
ばいじん JIS Z 8808(2013)-10
円形ろ紙法
ダイオキシン類 JIS K 0311(2008)

※当測定は、名古屋市発注により、第三者機関が実施したものです。